会社設立プラチナパック ≫ 会社設立のメリット・デメリット

会社設立プラチナパック

会社設立のメリット・デメリット

会社設立のメリット・デメリット比較表
設立費用 0円 約24万円
(ご自身で設立した場合)
設立手続 比較的簡単 専門知識が必要
信用力 低い 高い
資金の調達 日本政策金融公庫以外は厳しい 日本政策金融公庫の他、
銀行等の金融機関にも比較的有利
債務に対しての責任 無限責任 有限責任(出資額を上限とする)
※ただし代表者の保証が付くことが多い
経営者の給与 経費にならない 経費になる
経営者の退職金 支給できない 支給できる
交際費 上限なし 年間800万円まで
(800万円を超える部分は損金不算入)
赤字の場合の税金 0円 約7万円
繰越欠損金の取り扱い
(法人・個人とも青色申告が前提)
3年間 9年間
減価償却費 強制償却 任意償却
社会保険 事業主は加入不可 事業主も加入可能
決算日 12月31日 自由に設定可能

株式会社設立費用の比較



合同会社設立費用の比較



お問合わせ

お名前
※必須
会社設立希望日
※必須
E-mailアドレス
※必須
お電話番号
※必須
お問合わせ内容
※必須

税理士法人OCパートナーズにおける個人情報保護方針

税理士法人OCパートナーズ(以下「弊社」)は、個人情報の保護に関する法令の規定等を踏まえ、弊社の保有する個人情報に関する方針を次のとおり定めます。

1.個人情報の保護に関する法令等を遵守します。

2.個人情報の収集及び利用については、税理士業務及びその関連する業務において必要な
  範囲に限って行います。
  その他の目的で、個人情報を利用する場合には、その都度利用目的をお伝えします。

3.法令に定める場合を除き、個人情報を本人の同意を得ることなく第三者に提供しません。

尚、税理士は税理士法第38条においても、厳しく守秘義務が課せられております。
また、個人情報保護法第21条・第22条に定める通り、弊社に存在する個人データを弊社の従業者または外部委託先が取り扱う場合、当該個人データの安全管理が図られるよう必要かつ適切な監督を行います。